ダイワボウ情報システムは国内最大級のIT専門商社です。

ダイワボウ情報システム株式会社

企業情報

PC-Webzine "from DIS" (2017年)

2017年10月号

PARTNER TOUR 有力クラウドを組み合わせた独自サービス「DNT Cloud Plus」

クラウドサービスの使い分けについてご説明下さい。

工藤 中小オフィスに対しては、まず第一ステップとして「HOME Type-S」の導入をお勧めします。新たな知識や準備が不要で手軽に利用でき、しかもクラウドの威力を実感していただけます。それまで言葉として聞いていたクラウドが、一気に現実の身近な存在に変わるのです。次に第二ステップとして「Office365」の導入をお勧めしますが、このステップでは「HOME Type-S」との共有活用が有効と考えます。「Office365」の「SharePoint Online」を利用することで複数ユーザー間での本格的なファイル共有が可能になり、さらに「Excange Online」によってメールを同期、「Skype」を利用して低コストのオンライン会議を実現するなど、クラウド活用は新たな段階に入ります。クラウド活用に慣れてきたところで、第三ステップとしてAWSの「workspaces」を活用してクラウド上にPCを持たせることで手許の物理的存在としてのPC環境を脱却します。CPUからディスク容量その他従来のPCのすべての要素をクラウド上に置くことで、セキュリティ対策やリカバリー対策など常に最新の状態で保有することが可能になります。AWSの中でも「workspaces」を勧める理由は、「いつでもどこでも仕事ができる」というクラウドの醍醐味を堪能できるからです。

御社ビジネスはクラウドが主力ですか。

赤羽 弊社は情報機器をはじめオフィスに関わるあらゆる商品を取り扱っていますが、最近注力しているのがクラウドです。クラウドはユーザーにとって大きな可能性があるだけでなく、販売側にも大きな可能性があります。最初はごく小規模な導入でも、クラウドの魅力を感じていただくことでビジネスは大きく広がります。たとえライセンス単価は低くても、ユーザー様が納得して更新される毎にその数は増え、ビジネスは着実に成長していきます。また企業規模の大小を問わないこともクラウドビジネスの大きな特徴で、ユーザー様がご自身でクラウドを設定することも弊社に全て任せることも自由です。さらにクラウドを導入することで、複合機その他のオフィス機器の導入につながるケースも多いのです。クラウドは、それ自身が大きく成長するビジネスであると同時に、クラウド以外のビジネスへと広がる拡張性も大きな魅力だと感じています。

株式会社 大日光商事
http://dne-sales.net/

設  立 2012年05月
本  社 栃木県日光市瀬尾33-5
代  表 谷口 啓
資 本 金 5,000万円
社 員 数 10名
事業内容 クラウドサービスの提供、各種オフィス用品(パソコン・コピー機・FAX・複合機・カメラ)の販売、サービス・サポート(電話サポート、出張サポート、修理、リモート保守、オンサイト保守)

問い合わせは ダイワボウ情報システム株式会社 宇都宮支店 TEL:028-610-8858 まで