ダイワボウ情報システムは国内最大級のIT専門商社です。

ダイワボウ情報システム株式会社

Social
Contributions

Social Contributions

社会貢献活動

Educational Initiatives

教育への取り組み

DX教育サービス

DXの実現と定着化を目指す教育プラットフォームを提供します。DXの基礎概念の理解や発想のための研修メニューをはじめ、DX推進に必要な知識・スキルを体系立てて実践も通じて習得できるメニューまで用意しており、伴走的な支援を展開。継続的な研修メニューの改善・開発によって効果的なプラットフォームを構築していきます。これらの活動を通じて、DXにおいて重要なお客様のビジネス変革への強い意志や思いを醸成します。

次期GIGAスクール構想環境整備

持続可能なデジタル社会の実現に必須であるICT教育に貢献し続けます。学習環境の向上を支援するITデバイスの安定供給を継続します。また、STEAM教育など新たな学習トレンドを実現するITソリューションを提案していきます。

STEAM Labの取り組み

学校にあったPC教室はGIGAスクール構想での児童生徒ひとり1台環境整備の結果、旧来の役目から、変化の動きが見受けられます。
STEAM Labはホンモノを学ぶ、先進テクノロジー活用体験の場であり、創造性を育む学習空間として新しいPC教室の在り方を提案しています。また、学習活動の枠にとらわれず、地域の皆様との連携の場としても活用が期待されているため普及に取り組みます。

Donation

寄付

ダイワボウ情報システム寄付制度について

当社におきましては、旧来の慣習見直しを含めた抜本的な業務改革及び環境負荷低減に向けた取り組みを推進する中で、会社のお祝い事の際に祝い花等贈答品をお贈りすることを取り止め、原則として祝意を示す書面送付に置き換えさせていただいております。また、年賀状におきましても送付を取り止めております。

あわせて、従来祝い花等の贈答品に要した相当額の費用は、社会貢献のための寄付の一部とさせていただく寄付制度を実施しております。

2023年度において、従来の祝い花等の贈答に関する相当額は3,775,000円となります。これと同額を当社が上乗せした合計7,550,000円を公益財団法人 日本ユニセフ協会に寄付をさせていただきました。

Improved Well-Being

ウェルビーイングの向上

従業員の健康
(健康経営・健康増進)

健康管理に力を入れており、健康診断やストレスチェック、産業医の設置などの保健事業を推進しています。これらの施策を通じて、従業員の健康促進に取り組んでいます。また、「ウェルビーイング」をマテリアリティの一つとして掲げ、従業員の幸せや働き甲斐を充実させる方針を打ち出しています。健康管理には、会社が行うメンタルヘルスチェック、産業医への相談会実施などが含まれます。
また、健康診断については、受診率100%を目指し、グループ内各社で人間ドック補助などの施策を講じています。これらの取り組みにより、当社グループの最も重要な資本である人材の健康促進に努めています。 健康経営の詳細ページはこちら

育児休業等の取得

働きやすい環境づくりを積極的に取り組んでいます。育児休業取得はもちろん、普段の就業時も1ヶ月あたりの平均残業時間は10時間を切るなど、育児休業の前後もむりなく働くことができます。
また、短時間勤務制度、所定時間外労働の免除・制限制度について、子どもが満9歳まで利用可能です。

育児休業などの取得状況の推移

国内連結、育児目的休暇の取得を含む

Sponsorships

スポンサーシップ

日経STEAM2023シンポジウム
特別協賛

STEAM教育の推進、文化・社会貢献活動の一環として、日本経済新聞社大阪本社主催の「日経STEAM2023シンポジウム」に昨年に続き特別協賛。

STEAM教育の推進、文化・社会貢献活動の一環として、日本経済新聞社大阪本社主催の「日経STEAM2023シンポジウム」に昨年に続き特別協賛。

プロゴルファー若林舞衣子選手とスポンサー契約を締結

厳しいプロトーナメントの環境下で、プロゴルファーと子育てを両立し活躍されている若林プロの前向きな姿勢やその努力に共感。
昨今、働き方改革をはじめ、多様化するライフスタイルにあわせたライフワークバランスの実現が社会的課題となっております。当社は、国内最大級のIT専門商社として、働き方改革への取り組みや業務効率提案においてITの利活用を、全国各地域の課題解決に対する取り組みを積極的に推進することと共に、当社社員のみならず各地域で働く方々を支援してまいります。

Other activities

その他活動

地域の清掃活動

大阪本社をはじめ全国各地のオフィス周辺の地域清掃活動に参加し、地域の環境美化・生物多様性の保全に努めています。

チャリティ駅伝

2023年11月19日に開催された「第12回 NIPPON IT チャリティ駅伝」(1チーム5名、531チーム以上が参加)に昨年に続きプラチナパートナーとして協賛し、昨年よりも多い4チーム(計23名)が参加しました。
『「駅伝」というスポーツを通じて、同じ目的に向かって参加者同士が助け合い、励まし合い、そして、未来を担う若者たちを支え合い、つながり合い、今を乗り越えようとする若者を支援したい』、という大会テーマに賛同し、NIPPON IT チャリティ駅伝を通じて、少しでも社会貢献を進めてまいります。

Sustainability List

サステナビリティ一覧