ダイワボウ情報システムは国内最大級のIT専門商社です。

ダイワボウ情報システム株式会社

企業情報

PC-Webzine "from DIS" (2019年)

2019年08月号

PARTNER TOUR 家電量販店向けPCサポート事業を全国展開 顧客対応の自動化で店舗の人手不足を支援

西日本エリア
株式会社
ジェットシステム

ジェットシステムは大手家電量販店のPC販売を支援するPCサポート事業を全国規模で展開しているほか、この体制を生かしてWi-Fiスポットの保守管理などのフィールドサポートにも力を入れている。さらに人手不足を背景に需要が高まっているのが店舗における顧客対応を自動化するPOSシステムだ。

PCサポート事業を全国展開する

島根県松江市に本社を置くジェットシステムは、大手家電量販店のPC販売を支援するPCサポート事業を全国規模で事業展開しており、全国の主要地域にある各拠点から迅速に顧客対応できることが強みとなっている。この体制を生かして全国のWi-Fiスポットの保守管理や24時間サーバー保守、電子マネー等の端末機器の設置といったフィールドサポート事業も好調だ。

全国をカバーするサポート力に加えて、きめ細やかな顧客対応にも自信を持つ。同社の代表取締役社長 木村和弘氏は「当社にはエンジニアが多数在籍しており、システムやアプリケーションを自社で開発することができます。そのためお客さまのあらゆるご要望に、きめ細かくお応えすることができます」と胸を張る。

このように顧客のさまざまな課題を解決するソリューションを提供してきた同社だが、最近は飲食店向けのPOSシステムの需要が拡大しているという。ちなみに同社はPOSシステムの販売において20年もの実績と経験を誇る。そのノウハウを生かして独自に開発したのがWindows搭載PCを利用するPC-POSシステム「FOODレジ」だ。

FOODレジのPOSシステムには「AndroidオーダリングPOS」「オーダリングPOS」「対面式POS」「テーブル管理POS」「フロント集中受付管理POS」の5種類が用意されている。飲食店においてはAndroidオーダリングPOSのニーズが増えているという。

  • 代表取締役社長 木村 和弘氏

  • 取締役 営業部長 持田 寿人氏

POSシステムで飲食店の人手不足を補う

AndroidオーダリングPOSはテーブル管理POSがAndroid搭載端末と連動して顧客の注文を受け付ける仕組みだ。店員がAndroid搭載スマートフォンを携帯して注文を受ける、あるいはテーブルにAndroid搭載タブレットを設置して顧客が自身で注文を入力する。

入力された注文データがテーブル管理POSに送られ、テーブルごとの会計情報が即座に集計され、確認できる。また厨房へ注文情報を自動送信することもできる。

同社の取締役 営業部長 持田寿人氏は「飲食店では人材を確保することが非常に困難になっているため、お客さま自身で注文できるタブレットを利用したPOSシステムの需要が拡大しています。これまで券売機で注文業務を効率化していた飲食店が、より低コストで導入でき運用コストも有利な当社のPOSシステムに置き換えるケースが目立ちます」と説明する。

ホテルのフロントでも同様のニーズが多く、同社はチェックイン、チェックアウト、清算を自動的に処理できる専用端末を開発してソリューション提供している。今後も人手不足によるこうしたニーズが拡大すると見ており、顧客対応業務を自動化するソリューションの提供にも力を入れていくという。

image.php?file=from_dis.237.1.png

月刊ITビジネス情報誌「PC-Webzine」では、DISグループの最新情報を「fromDIS」というコーナーで掲載しています。こちらのページでは「fromDIS」に掲載されたトップニュースなどを一部ご紹介しています。
また、「PC-Webzine Degital Book」では、本誌掲載記事を電子bookでご覧いただけます。合わせてご覧ください。