ダイワボウ情報システムは国内最大級のIT専門商社です。

ダイワボウ情報システム株式会社

企業情報

PC-Webzine "from DIS" (2017年)

2017年08月号

DX Innovation Forum 「Season.1 Powered by DIS 中四国」

次世代マチづくり・マチ興しイノベーション

〜DX ファーストによるスマートシティ・地域創生〜

左からインテル株式会社 執行役員 セールスチャネル事業本部長 井田晶也氏、合同会社シスコシステムズ 執行役員 最高技術責任者(CTO) 濱田義之氏、株式会社タウンクリエーション 代表取締役 前 紅三子氏、公立大学法人広島市立大学 大学院 情報科学研究科 准教授 井上博之氏。

モデレーターを務めた国立大学法人徳島大学 教授 副理事(広報・情報管理担当) 情報センター長 上田哲史氏。

モデレーターを務めた徳島大学の上田氏は地域創生の取り組み方について多様な形態があるので他の地域での成功事例を適用しても必ずしも成功しない。そもそも大掛かりな取り組みをして何かを作ったり、興したりする必要があるのかと問題提起をした。
そして身近な課題の解決はどの地域でも共通の問題だ。そのアプローチでの街づくりとして、インターネットとそれを活用するさまざまなデバイスの活用がとても有効だ。例えばSkypeやWeb会議を使えば場所に拘束されないし、会議室に集合するなど同時である必要もなくなる。こうしたテクノロジーを活用すれば、一極集中の対局にあるものの価値が高まる。つまり地方でのサテライトオフィスが有効に機能し、地域の活性化の道筋ができ上がると強調した。
続いて地域でのIoTの活用についてタウンクリエーションの前氏が同社のNFCを活用したクラウド型バスロケーションシステム「BUSit」のサービス内容を説明した。またインテルの井田氏とシスコシステムズの濱田氏はIoTを活用した産業振興や街づくりの先進的取組事例を紹介した。
IoTの普及によって利便性が高まる半面、IoT機器が外部につながるためリスクも高まると注意を喚起し、IoT時代のセキュリティについて広島市立大学の井上氏が解説した。

ドローンBiz のハイパーなカタチ

〜ドローン産業の最先端・NewTrend セッション〜

左から株式会社かもめや 代表取締役社長 小野正人氏、ルーチェサーチ株式会社 代表取締役社長 渡辺 豊氏。

モデレーターを務めたドローン・ジャパン株式会社 取締役会長/セキュアドローン協議会 会長 春原久徳氏。

ドローン業界に精通するモデレーターを務めた春原氏はドローン市場について機体よりもサービスのビジネスが成長していると指摘し、今後はドローンの用途が拡大すると強調する。
さらに現在は飛行型のドローンが主流だが、今後は陸上型のローバーや水上および水中を航行するドローンも増えて活用できるフィールドが広がり、周辺ビジネスを含めた市場規模が拡大すると説明した。
かもめやでは空だけではなく陸上や海上でのドローンによる無人輸送を組み合わせることで、24時間365日どこに住んでいてもいつでもモノが届く仕組みの実現に向けて取り組んでおり、飛行型ドローンはもちろん船型ドローンの開発や、陸・海・空のドローンを統合した運行管理システムの開発にも取り組んでいる最中だ。
ルーチェサーチではドローンの設計から製造、測量、収集したデータの処理まで1社で対応できる技術力と体制を持つ。そして測量をはじめ橋梁や施設などの点検、災害対応などのサービスを提供している。
最後に春原氏はドローンを利用したメガソーラーの点検・保守や、農業での自動栽培におけるドローンによる農薬や肥料、水の自動散布の活用例などを紹介し、ドローンとAIなど複数のテクノロジーを組み合わせる必要性を強調した。