田畑 拓也 田畑 拓也

社員紹介
INTERVIEW05

技術力と人間力で
チームと会社に貢献

技術
田畑 拓也 Tabata Takuya
工学部知能情報工学科 / 2017年入社

プログラミングだけでなく
幅広い業務に携われる仕事

大学が工学部だったので、技術職希望で就職活動を行いました。関西出身のため大阪を中心に企業を探し、当社を選んだきっかけのひとつも大阪に本社があることです。
一方で、技術職志望ながらも単にプログラミングだけを行うような業務は避けたいという思いがあり、エンジニアとしても幅広い業務に携わることのできるディーアイエスサービス&サポート(Dsas)に興味を持ち、入社を決めました。
配属先確定前の内定者懇親会でも、DISグループのサービス&サポート事業全般に携わることのできる当社(Dsas)で働きたい思いを、人材開発課の方にも熱心に伝えたことを覚えています。

技術的支援でも大切なのは
コミュニケーション力

現在はプリセールスエンジニアとして、主にサーバーやストレージなどのインフラ環境案件の、提案段階における技術支援を実施。仮想化製品を中心に担当しており、DISの営業担当者からの技術的な質問に回答し、お客様の要望に沿ったサーバーのサイジング(スペック決め)を行います。
また、メーカー主催の勉強会や展示会にも積極的に参加し、常に担当製品の新しい情報を収集して社内や販売店様に展開しています。
販売店様向けに仮想化の基礎知識について実機演習を交えて行う「ハンズオントレーニング」も全国各地で開催し、講師を担当。月に1回の出張で、全国各地の営業部の方やトレーニングに参加いただいた販売店様とのコミュニケーションを深めています。

自分だけの得意分野を磨き
頼ってもらえる存在に

今後の目標は「頼られる存在になる」ことです。
「この製品のことなら田畑に聞けば大丈夫」「この案件なら田畑に相談すれば解決できる」と言われる存在を目指し、自分だけの得意な武器を身に付けることによってチームや会社に貢献していきたいです。
そのためにはまず、私自身のスキル向上が不可欠です。少しでも早く先輩社員に追いつき追い越す意識をもって業務に取り組むことで成長も加速し、結果的にチームの力になれると思います。私自身のスキル向上を、DISへのサポート力強化にもつなげていきたいです。
また、ハンズオントレーニングなどで全国各地の支店を訪問する機会も多いので、積極的なコミュニケーションを心掛け、人脈を広げていきたいと考えています。

SCHEDULE1日のスケジュール

9:00
出社・朝礼 朝礼が始まるまで、先輩と情報交換、資格の勉強。朝礼では、課内での連絡事項等を確認。
9:30
チームミーティング・案件対応 チームメンバーと案件情報・スケジュールを共有した後、サーバーのサイジングなどの案件対応。
12:00
昼食 同じ課の先輩や後輩と食事。
13:00
案件対応・来客 営業向け提案資料の作成後、メーカーとの技術定例会に参加。新製品情報や注力製品の情報等を共有。
16:00
検証作業 テクニカルエンジニア課所有のサーバー環境に製品をインストールし、新機能などの検証。
17:45
退社 繁忙期でなければ定時で帰宅。

OFF TIMEオフタイムの過ごし方

DISの野球部に参加。東京ドームでプレイも

同じ寮の同期とは、よく一緒に食事や買い物に行きます。
日曜日には定期的に草野球に参加。学生時代から野球を続けているので、社会人になった今も野球をすることが良いリフレッシュになっています。
DISの野球部にも参加していて春と秋には大会に出たり、1~2年に一度、東京ドームでプレイしたり貴重な経験ができています。
最近、大きなテレビを購入してからよく部屋で映画を観るようになりました。洋画・邦画のジャンル問わず色々観るので、1日中、家で過ごすこともしばしばあります。