柴田 祐輔 柴田 祐輔

社員紹介
INTERVIEW03

企画から運営まで
自ら担当して大盛況に

販売推進
柴田 祐輔 Shibata Yusuke
経営学部経営学科出身 / 2013年入社

先輩や上司と気軽に相談
初めての企画を成功させる

学生の頃からIT製品に強い興味を持っていたため、ITに関係した仕事をしたいと思いDISを選びました。
社内見学をした際の担当者の振る舞いがとても良く、若手社員が多く活躍している会社だという印象を持ちました。入社してからも若手が活発に働いている場面を多く目にしており、入社前のイメージ通りの会社でした。
入社後すぐ、販売店向けの製品活用セミナーの企画立案を担当。数ヶ月の準備期間中は先輩社員や上司も気軽に相談に応じてくださり、無事に成功させることができました。
また、当社は資格の取得にも力を入れているため、会社のサポートを受けながら様々な資格に挑戦し、スキルアップにつなげています。

製品を販売しやすくする
仕組みをつくる仕事

現在は販売推進本部に所属しソフトウェアメーカーを担当。主に仕入業務と全国の営業担当者の販売活動の支援を行っており、特にサブスクリプションやクラウド製品に注力しています。
具体的には、販売店様・ユーザー様向けセミナーの開催、製品を販売しやすくする仕組みづくり、新規商材の開拓・展開などです。
新製品がリリースされた時には、いち早く製品に触れて自身で提案できるように勉強します。販売店様の目に留まる方法を常に考えながら、セミナー・キャンペーンなどの施策を企画立案し、運営まで手掛けます。
自ら企画・運営したセミナーをやり遂げ、大盛況に終わった時に最もやりがいを感じます。

サブスクリプションと
お客様のニーズをつなぐ

現在、部署として推進しているサブスクリプションビジネスを多くのユーザー様に広めていきたいと考えています。
そのため、認知度アップを図る活動や製品利用を訴求する動画コンテンツの作成などに積極的に取り組み、すべてのユーザー様が当たり前にサブスクリプションを活用する社会を目指しています。
その一歩として、このビジネスモデルの特徴を深く理解し、IT以外の分野にも興味を広げ、販売店様や当社の営業担当者が提案しやすい環境づくりを進め、セミナー・キャンペーンの実施を通じて、サブスクリプションとお客様のニーズをつなぐ役割を果たしていきたいです。

SCHEDULE1日のスケジュール

8:30
出社 出社後、まずは最新のIT情報を収集。
9:00
打合せ・在庫管理 Microsoft Teamsを利用してタスクの進捗共有後、在庫の状況を見ながら販売予測をたてメーカーへ発注。
13:00
企画の立案 昼食後、担当するメーカー製品の販売実績を確認し、実績向上に向けた販売促進企画を立案。
14:00
ミーティング 課内会議で新サービスの展開スキームを作成。全国各地の営業部の主幹担当とWeb会議で意見交換。
16:00
来客 メーカー担当者と新製品の全国展開を検討。
18:00
退社 本日のタスク確認と翌日の会議資料を作成後、退社。

OFF TIMEオフタイムの過ごし方

学生時代から続けるテニスで、県代表を目指す

休日は主に家族と過ごすか、心身のリフレッシュを兼ねてテニスをしています。テニスは学生の頃から続けており、仕事に負けない熱量で県代表を目指して取り組んでいます。
長期休暇の際は家族で温泉旅行に行ったり、好物のパンの新店開拓をしています。
また、資格の勉強をしたり家電量販店で新製品情報を収集したり、同僚と食事に行って近況報告しあうなど充実した休日を過ごしています。