横山 和希 横山 和希

社員紹介
INTERVIEW01

変化が加速する業界で
一緒に成長できる喜び

営業
横山 和希 Yokoyama Kazuki
政策創造学部 政策学科出身 / 2013年入社

先輩社員の仕事への姿勢と
明るい表情に魅力を感じた

商社マンの祖父がずっと憧れの存在だったため、専門商社を中心に就職活動を行っていました。その際、重視していたことは、採用担当者や先輩社員の方々の人柄でした。人と人を繋ぐ仕事に取り組む商社では、どのような方が働いているのだろうと常に興味を抱きつつ、就職活動に臨んでいたことを覚えています。特に採用担当者には、面接時から何度も声をかけてもらっていたので、とても温かみのある会社だという印象を受けました。また、内定後には先輩社員との座談会の機会があり、仕事に取り組む真摯な姿勢や学生に対して本音で話されるところに好感を持ちました。そして何よりも先輩方の明るい表情が魅力的で、この会社で働きたいと思い、入社を決めました。

多くの関係者と協力し合い
新しい仕組みを構築

現在の職務内容は大きく2つに分けられます。まずは、販売店様への営業活動です。訪問・商談をはじめ、メーカー様と共に開催する勉強会や内覧会への招待、社内での電話営業、提案の見積作成などを行っています。直近では鉄道会社様の各駅に監視システムを導入する案件に取り組みました。メーカー様、グループ会社、仕入れ部門、営業支援部門など多くの関係者と協力し合い、これまでにないスキームを構築することができました。もう1つの役割は、メーカー様と顧客の間の調整役です。当社はマルチベンダーとして多くのメーカー様とのお付き合いがあります。そこでキャンペーンを一緒に推進するなど、日々、売上の最大化に努めています。

効率化による働き方改革で
社会に貢献したい

今後は、現在のトレンドである働き方改革にメーカー様や販売店様と一緒に取り組むことで、社会に貢献していきたいと考えています。現状は、紙でのやり取りが主流であったり、遠方の販売店様を訪問する必要があったりと、時間を要することが多い状況です。その部分を当社の仕組みやメーカー様との協業により、変えていきたいと思っています。例えば、注文業務をデータ化するための勉強会の実施、販売店様へのWeb会議システムの導入などです。業界自体が大きく変動しており、その周期がますます加速しています。トレンドをいち早く掴むために、最新情報を収集しやすい環境を構築し、より多くの方との人脈を持つことができるように注力していきたいです。

SCHEDULE1日のスケジュール

8:55
出社 9時からの朝礼では、その日のトピックスについて支店長からの説明を受ける。
10:00
訪問 メーカー担当に同行し、販売店様の営業部に対して勉強会を実施。その後、進行中の案件についての打ち合わせ、製品の提案・イベントの案内・次回のアポイント調整を行う。
12:00
昼食 販売店様の担当者の方々とランチミーティング。
13:30
来客 メーカー様から新商品についてのプレゼンテーションを受けた後、別のメーカー様と四半期のキックオフを実施。
15:30
社内業務・打ち合わせ 販売店様より依頼いただいた案件の見積対応。その後、営業ミーティングを実施し、タスク内容の共有・情報交換を行う。
18:00
懇親会 販売店の担当者様を交えて、懇親会の実施後、帰宅。

OFF TIMEオフタイムの過ごし方

サッカーを通じて社内の様々な人と交流

学生時代からサッカーを続けているので、休日は地元のメンバーでフットサルをしたり、プロサッカーを現地で観戦したりして過ごしています。当社にはフットサルや野球などの部活動があり、東京勤務だった頃は、サッカー部に所属してリーグ戦に参加し、カップ戦に出場することも。年に1回はレクリエーション活動の一環として、フットサル大会を東京で開催。全国の社内メンバーがチームを作って参加するため、非常に盛り上がります。いつも様々な人と交流できるのも楽しみです。