仕事・社風について 先輩社員に聞く

実際に携わってみると面白く感じるのが経理という仕事です。東日本営業本部 東東京営業部 吉田 有希 1日のスケジュール

現在の仕事

経理の仕事で大切なことは、情報を正確に把握し、正確な処理を行うことです。未入金など発生しないように注意しますが、万が一 発生した場合は、その原因をきちんと把握して入金期日を確認しなければなりません。たとえ1円でも合わないと処理は終わりません。厳密な仕事だけにやりがいがあります。

入社前と入社後の感想

この会社は、企業説明や入社前に感じた企業の雰囲気と、現実とのギャップがほとんどないことが特徴で、つまり自分を飾らない会社ということなのかも知れません。経理は数字の世界ですので、配属された当初はとまどいがあったことは事実です。でも先輩社員や支店長など親切な方が多く、教えていただきながら徐々に慣れてきました。親切に教えてくれる人がいると慣れるのも早いのです。

仕事を経験する中で感じたこと

入社以来、経理を担当していますが、経理の仕事をとても面白く感じるようになりました。大げさな言い方かも知れませんが、経営が見えることの面白さでしょうか。支店という限られた世界であっても、企業が収益を生む仕組みやその実態など、私にとって興味深いことばかりです。この仕事の良さはもう一つ、自分のペースで仕事ができることです。営業だとお客様の都合に合わせることが基本でしょうが、経理の場合は自分で仕事のリズムを作れます。これが私にはとても合っているようで、仕事が楽しめるようになってきました。

今後の目標その他

実践の中で経理の醍醐味と奥の深さを感じるようになりましたので、もっと経理の仕事に精通することが当面の目標です。仕事が楽しいから私生活も充実します。私は中学生時代のニュージーランド留学で海外を知る楽しみを味わってから、世界のさまざまな国を旅しました。社会人になると学生時代のように長い休みをとることは難しいのですが、今年は国内の温泉旅行を目指しています。

後輩への提言

今でも私はプライベートで家計簿はつけません。経理という仕事への興味と愛着が増す一方で、相変わらず家計簿には関心のない自分がおり、このギャップを自分でも面白く感じています。学生時代に経理とは無縁でも何の心配もありません。最初は興味がない人でも、実際に携わってみると面白く感じるのが経理という仕事です。何しろ会社の中枢を担うのですから。

その他の先輩社員

  • 宮崎 隼
  • 山崎 啓介
  • 永井 秀典
  • 番匠谷 しのぶ
  • 内田 達也
  • 高山 操子
  • 吉田 有希
  • 宮澤 香織