仕事・社風について 先輩社員に聞く

ひとつの歯車としてではなく、個性を活かせる環境の中で仕事に参画できます。システム推進部 係長 内田 達也 1日のスケジュール

現在の仕事

当社の基幹システムの設計・開発を担当しています。基幹といえども業務システムとの密接な連携が当社の特徴で、アプリケーションソフト開発に加えてシステムの保守サポートや社員教育なども行っています。

入社前と入社後の感想

当初からIT技術を担当することはわかっていましたが、いきなり責任のある仕事を任されるとは思っていなかったので驚きました。最初に開発を任されたプログラムそのものはそれほど難しいものではなかったのですが、ビジネスの本番で使うプログラムは学生のノリで作れるものではなく、かなり緊張したことを覚えています。入社当時は、社内の新基幹システムへの移行期で、基幹系にJAVAが有効であると判断し、クライアント側にはC#を採用するなど、現在のシステムの方向性が決まった頃です。システムの考え方がしっかりしていればプログラム言語にさほどこだわる必要はありませんが、柔軟性や発展性、開発コストなどを勘案すると、この選択は正しかったと思っています。

仕事を経験する中で感じたこと

担当したシステムが稼働を開始して以降、数か月を掛けて順次導入していきましたが、その時は目の回るような忙しさでした。しかし、基幹システムの立ち上げを経験したことで、当社の開発レベルがどんどん向上しているのを感じました。従来はとても手が出せなかった部分にも、今では取り組めるようになっています。当社のシステム部門の仕事はやりがいがあります。システム規模が大きいとはいえ、全体を見渡すことが可能な規模であることがまず第一。そして常にエンドユーザーに近いところにいるので反響がよくわかります。さらに、指示通りに開発するだけでなく開発側からの自由な提案が可能で、これは当社の企業風土に基づくものかも知れません。ひとつの歯車としてではなく、個性を活かせる環境の中でシステム部門の仕事に参画できますので、自分の発想を持つ技術者には大きな魅力があります。

今後の目標その他

私はもともと画像処理を専門としていまして、画像処理は努力の成果が明確に出る分野です。当社の基幹システムも同様で、努力の成果が明確に出るのでやりがいがあります。現行の基幹システムは年商にして5,000億円強を想定して作られましたが、将来的にはこのレベルを超えて更なる成長が求められてきます。システムを開発する際には、どのように構築していくか方向性をまず議論する必要がありますが、誰もが自由に発言できるという当社の特徴は、システムを検討する上でも大きな戦力となっています。

後輩への提言

開発を担当するにはコンピュータに詳しい方が良いのでしょうが、それよりも重要なのはコミュニケーション力です。まずコミュニケーション力があれば、開発力はあとからいくらでも強化できます。当社の基幹システムにはITメーカーにはない大きな魅力がありますよ。

その他の先輩社員

  • 宮崎 隼
  • 山崎 啓介
  • 永井 秀典
  • 番匠谷 しのぶ
  • 内田 達也
  • 高山 操子
  • 吉田 有希
  • 宮澤 香織